davenport
お問い合わせ

ソフトウェア開発 教育・研修 JAZZ 輸入品販売 会社概要 ホーム
save0000.jpg save0001.jpg save0002.jpg save0004.jpg
save0005.jpg save0006.jpg save0007.jpg save0008.jpg
笠井義正(Yoshimasa Kasai) 
クラリネット ソプラノサックス テナーサックス(CL, SS, TS)
 ジャズ・クラリネット奏者としての知名度が高いが、テナー・サックス、ソプラノ・サックス等にも造詣が深く、特にソプラノ・サックスは一音のみで当人と判る強いオリジナリティを持っている。
 10代でプロとして歩み始め、瞬く間に世界にその才能を知らしめた。“エイジ・オブ・バディボールデン” を始め数々のレコーディングに参加し、米誌 “ダウンビート” でも絶賛された。ボビー・ハケット(cor)、ディジー・ガレスピー(tp)、トラミー・ヤング(tb)、ジョージ・ルイス(cl)等とも共演しており、その一部は米国においてCD化されている。
 バスター・キートン “探偵学入門” の日本版上映においては音楽監督として劇場用映画に携わった。ハル・スミス(ds)、ブッチ・トンプソン(p)等とのツアーは絶賛され、それをきっかけにファンクラブが結成された。ニューオリンズではデュークス・オブ・ディキシーランドに招かれミシシッピ川のリバー・ボート船上で、またシカゴではフランツ・ジャクソン(ts)とアンディーズ・クラブで共演した。
 かの名ピアニスト “サー・チャールス・トンプソン” と親交を深め、共演したコンサートの模様がCDとして発売されている。この時トンプソンは笠井の印象を「ベニー・グッドマンを初めて聴いたときと同じ感動を覚えた」と評している。
 最近は、主に ”Yoshimasa Kasai and his Rhythm Kings” でコンサート、ライブ等で活躍し、CDも発表し続けている。銀座ヤマハホールにおける定期コンサート “演奏で綴るジャズの歴史” は毎回斬新な視点から捕らえたテーマが新鮮であることや、分かりやすい解説と実際の演奏を織り交ぜながらの趣向を凝らした構成により、長期に渡って人気を博している。既存ジャズファンを喜ばせると共に、新たなジャズファンを多数生み出し続けていることは注目に値する。
“演奏で綴るジャズの歴史” のライブ録音のうち5枚(2007年1月現在)が“ダベンポート”よりCDとして発売されており、今後も継続的にCD化が予定されている。

サイトマップ | 個人情報の取扱いについて | 著作権・リンクについて

Copyright (C) 2007 Davenport Co., Ltd. All Rights Reserved.